忍者ブログ
TOP PAGE MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ブルーガイドスキー編集スタッフによる日々のあれこれ。
<<03 * 04/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  05>>
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[06/06 ritarlianeura]
[05/28 中田]
[04/06 LISAO]
[04/03 中田]
[12/06 LISAO]
HN:
lisao
性別:
女性
職業:
編集
趣味:
スキー
自己紹介:
春 カタログ号制作。編集部に缶詰。
夏 唯一のダラけ期間。旅に出る。
秋 編集まっさかり。眠れぬ激務期。
冬 取材の日々。移動民族と化す。
twitter
Skiアカウント http://twitter.com/#!/BlueguideSki
LISAOアカウント http://twitter.com/#!/LISAO_
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お知らせが大変遅くなってしまいましたが、
10月5日に弊社より発売した話題の文庫、
東野圭吾『白銀ジャック』の紹介です。



これはスキー編集部から発行したものではありませんが、
ストーリーの舞台がゲレンデ!
しかもカバー写真は、Ski各誌でおなじみの渡辺洋一さんが
撮影した作品なのです。
すべり手は、スノーボーダーの高久智基さん。
写真集『雪山を滑る人』にも掲載のアラスカでのワンカットです。

東野さんは無類のスノーボード好き、
かつて『大人のスキー』のインタビューページに登場いただいたり、
雑誌『snowboader』で執筆いただいたこともあります。
そんな繋がりもあり、雪山を舞台にしたミステリー小説が誕生しました。
こちらに創作秘話がアップされてますので、ぜひ読んでみてください。
http://jippi-bunko.com/lineup01/55004-6.html

すでに80万部突破とのこと、
ポスターや中吊りを見かけた方も多いと思いますが、
同じく渡辺洋一さんの作品で、
高梨穣さんバージョンのポスターもあります!
こちらの撮影地はノルウェー、ナルビック。



アラスカにしてもノルウェーにしても、
決して一般的でない場所で撮影された作品が
こうして広く世に出て行ける機会を得て、嬉しい限りです。

『白銀ジャック』、スキーヤー必読の一冊です!
PR
フリースキーヤー寺田シュリさんより、
名古屋でのスノーイベントのお知らせです。
愛知県出身の寺田シュリ&斉史兄弟は、
より多くの人にフリースキーの魅力を伝えるべく、
実行委員として頑張っています。
名古屋方面の方、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

以下リリースです。

ーーー
アースリートフェスタ2010

名古屋でSnow×ECOイベントが行われる!!!!
ビル5階の高さからのダイナミックな『スキー&スノーボード ジャンプショー!!』
ライブで有名スキーヤー&スノーボーダーたちの飛びが観られるよ!!!



『ワークショップ』や『ダンス&スキー・スノーボード ウエア ファッションショー』など他にも楽しいイベント目白押し !!!!

今年で5年目のアースリートフェスタ。
寺田シュリ、寺田斉史が実行委員に加わりパワーアップ!!!!
多くのスキーヤーにこのイベントを知って欲しいです。

11月6,7日は名古屋でSKIを楽しみましょう!!!
お待ちしています。

主催/NPO法人スポーツサポート、東海テレビ放送
後援/名古屋市、名古屋市教育委員会
特別協賛/タマコシ
協賛/中部電力、アルペングループ

ーーー

寺田シュリ、斉史と一緒にイベントを作るボランティア募集中!!!

【こんな人大歓迎】
・スポーツが好きな方!
・人と接して楽しみを広げたい方
・スノースポーツに興味のある方
・子供の笑顔がみたい方
・16才以上の健康な男女 
・環境に関する知識などは問いません 。
 
アースリートフェスタ2010 
11月6日(土)9:00~19:00
11月7日(日)9:00~19:00
※活動時間は変更することがあります
※活動を希望される日時を指定いただけます(半日だけでもOK)
※友人同士、仲間同士の参加も大歓迎(一緒にできるよう配慮します)
 
詳細は・・・
http://www.earthlete.com/earthlete_fes/volunteer.html

毎年シーズン前になると、冬物のトークイベントが
楽しみなパタゴニアのスピーカーシリーズ
今年もパタゴニア・アンバサダー高梨穣さんの
スピーカーシリーズが開催されます。

9月に発売した『POWDER SKI』では、
スキーヤー中島力がニセコの高梨穣を訪れ、渡辺洋一が写す
という企画を展開しましたが、
今回のスピーカーシリーズは、ナッシーだけでなく、
ゲストに中島力&渡辺洋一さんを交え、
まさしくこの企画のお三方が登場するのです。

同時に11月1日からパタゴニア大崎ストアでは
渡辺洋一さんの写真展も開催されるとのこと。
「日本の自然」という視点が興味深いですね。

以下リリースです。

ーーー
「日本の自然を滑る。」

~テレマークスキーヤー高梨穣。雪国に暮らし滑る魅力。~

■スピーカー: 高梨 穣 (パタゴニア・スキーアンバサダー、Toyru主宰)、渡辺 洋一 (写真家)、中島 力 (フリースタイル・スキーヤー、パタゴニア 鎌倉スタッフ)



11月12日(金) 19:30~ 神戸ストア (要予約:定員40名)

11月13日(土) 19:30~ 大崎ストア (要予約:定員80名)

11月15日(月) 19:30~ 横浜ストア (要予約:定員50名)

12月16日(木) 19:30~ 札幌北ストア (要予約:定員40名)



北海道ニセコを拠点に滑りつづけている高梨穣。これまで世界のさまざまな山を滑り、海外で滑るたびにあらためて気付かされる日本で滑る楽しさ。低山から豊かな雪に恵まれ、優しい森が広がる。世界有数の雪国である日本は、滑る魅力にあふれています。日常を雪の中で過ごしているからこそ得られる感覚。2本の板を滑らせる体験と感動をお伝えします。同じニセコに暮らし高梨氏と共に滑りつづける写真家、渡辺洋一。そして昨年、両氏とニセコの深い雪と森を滑り、あらたな境地に触れた中島力。3人を迎えお届けします。



また同時開催として以下の日程で渡辺洋一氏による写真展「日本の自然を滑る」を開催します。

ゲートシティ大崎ストア: 11月1日(月)~21日(日)

札幌北ストア: 12月18日(土)~2011年1月16日(日)



スピーカー・プロフィール
高梨 穣

20数年前、ニセコの雪と出会いテレマークスキーをはじめる。道具としてはまだ未成熟だった時代から「滑る道具」としてのめり込み、ひたすら雪の上を滑る瞬間を追い求める。技術を磨くため、レースに専念した時期もあり、ワールドカップや世界選手権に出場。その後は国内外のさまざまな山で滑走を重ね、日本人としてははじめてアラスカの急斜面にテレマークスキーでトレースを刻む。思い切りのいいダイナミックでスピードのある滑りが持ち味で、その姿を多くの写真や映像を通じて発表している。現在はニセコに拠点を置き、トイルを主宰し、ガイドとして活動している。神奈川県出身。



渡辺 洋一

雪山と滑走者をテーマに写真を撮影。 国内外の雑誌、広告に作品を発表。パタゴニア社への写真寄与も10年におよぶ。2001年から2005年には映像作品『ルーヴェ』シリーズを発表。写真展も多く開催し、2008年には東京とニセコで写真展「雪と太陽へ」を開催。著書に写真集『NISEKOPOWDER』(須田製版刊/2006年)。『雪山を滑る人』(実業之日本社刊/2009年)。1966年生まれ、北海道ニセコ在住。www.upas.jp



中島 力

14歳から単身雪山に篭る生活をはじめる。滑るだけではないスキーの自由な可能性を追い求める。現在、冬は福島県のアルツ磐梯スキー場にてスクール業に従事しその可能性や、楽しさを伝えている。パタゴニア 鎌倉に勤務。1981年生まれ、滋賀県出身。

お問い合わせ/ご予約 各ストアにて (上記、日程横のストア名をクリックしてください)



昨シーズン中、南極で活動をしていたビッグマウンテンスキーヤー佐々木大輔
未知なる世界での生活を写真とともに語る報告会が開催されます。
席に限りがあるので、早めにご予約を!


ーーー
ANTARCTICA  ~南極観測報告会~
 HAGLOFS FRIENDS
 佐々木大輔


Date_2010. 11/5 (Fri)  18:30開演   19:00スタート
Place_CARATO 71 / 東京都渋谷区鉢山町13-7
            

佐々木大輔氏は第51次南極観測隊セールロンダーネ地学調査隊
のフィールドアシスタントとして憧れの地であった南極に足を踏みいれました。
昭和基地から約600キロ離れたセール・ロンダーネ山地で過ごした3ヶ月間
の活動、氷の世界の写真をスライドとともに語ります。

H PLUS
03-3461-2272



恒例となったスキーヤー中島力くんのイベントが近づいてきました。
今回はいつも以上にスキー色が強いということです。

クラブイベントに興味のない方も、スキー好きばかりが集まるので
スキーの映像を見たり、ただ飲むだけでも楽しめますよ~。
私も普段はクラブイベントに行きませんが、顔出すつもりです!

以下、本人よりリリースです。
ーーー
きたる10月23日(土) 
「スキーヤーの、スキーヤーによる、スキーヤーの為のParty」を開催します!!
良い音と良い映像に囲まれて
「いつもはドコで滑ってるんですか?」「今シーズンはどうすんのよ?」
「あそこの山はヤバかった。」なんて話をしながら踊りたい!! 
僕の友達とアナタの友達が友達同士だったならどんなに素晴らしいだろう 
そしたらみんなで滑って遊べるじゃん!! 

ラウンジフロアでは・・・ 
日本のフリースキームービーの4プロダクションが集結した 
Japan Freeski Film Partners(JFFP)の
ムービー・プロジェクト「CRANK」を上映!! 
更にさらに、最新DVD作品をドコよりも早くご紹介!! 
その他、何が起こるかは来てのお楽しみ!! 

ダンスフロアでは・・・ 
フリースキーを愛するDJ達も各地から召喚!! 
ハウス、テクノを中心に熱くフロアを盛り上げます!! 
ゲストDJ達はageHaや野外フェスでオーディエンスを沸かせてきた本物!!
 その盛り上がりっぷりは未知数!! 

ーーーーーーーーーーーーーーーー 
2010/10/23(SAT) 
RIDE FREAK Presents「White Art」 
club「solfa」@中目黒 
OPEN 23:00~ 
DOOR 3,000YEN 
DIS   2,000YEN 

DJ: 
KEN-GEE(Global Airwaves) 
KATAOKA(P4P PoundforPound) 
田山月歩 
KOBAYUU 
YAMATO 
HISAPO 
HAYASHI 

DECO:MIYADECO 

VJ:MAL(P4P PoundforPound) 
  GORIN(RIDE FREAK/P4P PoundforPound) 

SUPER VISOR:RIKI NAKAJIMA(RIDE FREAK) 

SUPPORTED BY (順不同)
FREESKIING
Bravoski
FallLine
Re-Ski
Rossignol
DYNASTAR
LANGE
RIDE FREAK
4FRONT
TLSP
Bravoski.com
King of Halfpipe
アルツ磐梯スキー場
猫魔スキー場
BUMPS
ARMANI EXCHANGE
FreeStyleSkiMagazine
Kai Entertainment
REACT
muddy films
ORAGE
BULA
MightyJamming
FRSK.jp
Powerdski
P4P PoundforPound
Global Airwaves
Solfa
ZARDOZ
民宿まさぞう
モン・ルポ
In Bloom
B2B
喰庵
みなと
戸狩サンファーム
ヤマキ
FOOT
SG
シャレー野沢
SANGA


直前になりましたが、SOS PeakPerformance より、
ウエアの入荷とイベント開催のお知らせです。

ーーー
今年も[2010Fall&Winterコレクションフェア]を開催します.
最高の機能美が自慢のウェアを取り揃え、
皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。

★期間中スキーウェアをご成約のお客様には
プレゼ ントをご用意いたしております!

■2010 Fall&Winter コレクションフェア
2010/10/9(SAT)~10/17(SUN)

■ スペシャルイベント
山木匡浩 Yamaki_xボリビア遠征報告会
2010/10/16(SAT)18:00OPEN 20:00START
@UPLND札幌

菅沼浩(プロカメラマ ン)Powder&Waveスライドショー
2010/10/17(SUN) 19:00~ 
@SOS 自由ヶ丘




ーーー
フォトグラファー佐藤圭さんより、
お知らせです。

本日から開催されている「第5回 札幌国際短編映画祭」で、
アラスカのスキートリップ映像「calling」の上映が決まったとのことです。

「calling」の上映は、10月8日(金)12:00〜13:30の間。
札幌大通公園のホワイトロックシアターにて。
特別プログラム「アウトドア」として数作のショートフィルムが
上映されるそうで、他の作品もおもしろそうです。

http://sapporoshortfest.jp/10/programmes/free.html

「calling」は、4月にフォトグラファー佐藤圭、フィルマーJackie、
スキーヤー児玉毅、楠泰輔、佐々木悠、ほかスノーボーダーも交えて
出かけたアラスカトリップでの作品。

teaser
http://www.youtube.com/watch?v=pJQE5sLM75o

お近くの方はぜひ!
練馬のチューンナップショップbottomlineより、
毎年恒例のBC講習会のお知らせです。

ーーー
*長野県警山岳警備隊講演会*
【日時】10月13日(水曜日) 18:30~
【場所】 東京体育館第1会議室
【資料費】 500円(当日現金にて、おつりの無いようご協力お願いします)
【内容詳細】 未定 
※過去の開催時には現場映像(雪崩遭難や怪我による遭難など)を記録したもの、それらを用いて、BC滑走事故の様々な状況などを解説していただきました。
【申し込み】コチラのメール(jac-seminar2@everest.jp)に氏名、電話番号、「講演会参加」を記してお願いいたします。
ーーー

私も何度か参加したことがありますが、
事故現場の映像や、山岳救助にかかわる方のお話は非常にリアルで、
シーズン前に気を引き締めるいい機会になります。
バックカントリーをすべる人には一度参加してもらいたい講演会です。

お申し込みはお早めに!

以下はボトムラインBLOGでの告知ページです。
http://bottom-line.jp/blog/archives/2010/09/post_365.php

POWDER SKI巻頭でご紹介した猪谷六合雄さん。

記事を読んでいただいた方は
おわかりかと思いますが、
本当に知れば知るほど、
おもしろい人生を送ってきた「スキー人」なのです。

自分の家は自分で作る「小屋」、
スキーのために引っ越しを繰り返す生活、
裸でスキー、手編みのスキー靴下、スキーコース作り、
息子の千春をオリンピック銀メダリストに育て上げたスキー教育、
72歳で運転免許をとり、キャンピングカー暮らし・・・。

1986年に95歳で亡くなるまで、
ユニークな人生を送り続けてきた猪谷さん。
その時代背景を考えただけでも驚くことだらけですね。

現在、猪谷六合雄さんを知ることのできる書物や
人、場所は少なく、取材や制作もなかなかスムーズには
いかないことだらけでした。

それでも、企画発案の渡辺洋一さん他、たくさんの方のご協力のおかげで、
この偉大な人物に触れる機会を得て、うれしく思います。
ぜひ多くの方に見ていただきたい記事のひとつです。

今回、お世話になった杉山進さんのWEBからも
猪谷六合雄さんとのエピソードを知ることができますので
ご紹介します。

http://www.sugiyama-ski.com/hitorigoto.html

第11号、12号あたりで
猪谷親子との涸沢でのスキーについて
興味深い話が掲載されています。

*その他の号も必読。スキーの歴史を知る杉山進さんの声をぜひ。

「スキー100年」にちなんだ取材はまだまだ続いています。

先日は1960年代のブルーガイドスキー編集長を、
現編集長とともに取材。

倉庫に眠っている1963年の創刊号から今に続く
大量のブルーガイドスキーを運び、読み返します。
それだけで、かなりおもしろいのですが、
その時代を作ってきた人の話がプラスされ、
スキーの歴史をしみじみと感じる日々。

まとめるのはなかなか大変な作業ですが、
その一部を『大人のスキー』(10月29日発売)でご紹介しますね!


忍者ブログ [PR]