忍者ブログ
TOP PAGE MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ブルーガイドスキー編集スタッフによる日々のあれこれ。
<<02 * 03/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  04>>
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[06/06 ritarlianeura]
[05/28 中田]
[04/06 LISAO]
[04/03 中田]
[12/06 LISAO]
HN:
lisao
性別:
女性
職業:
編集
趣味:
スキー
自己紹介:
春 カタログ号制作。編集部に缶詰。
夏 唯一のダラけ期間。旅に出る。
秋 編集まっさかり。眠れぬ激務期。
冬 取材の日々。移動民族と化す。
twitter
Skiアカウント http://twitter.com/#!/BlueguideSki
LISAOアカウント http://twitter.com/#!/LISAO_
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リサオです。
またずいぶんとご無沙汰してしまいました。。
現在、編集作業真っ最中です。

5月25日発売『Ski VOl.1』カタログ号。
もうすぐ出来ます!

毎年恒例のニューモデル満載のカタログ号、
詳しくはまたご案内しますが、
ページ数増量、いろいろとリニューアルしてますので
お楽しみに!

制作風景をちらりと。

 

新しい試み、某宅で商品撮影。
ポカポカ陽気の気持ちいい春の日、
和やかな雰囲気でした。



ショップの撮影です。
これはどこでしょう??



表紙を考えています。
あーでもない、こーでもない、と。
ずいぶんと懐かしい号まで持ち出して・・。
さて、どうなったのかは、もう少々お待ちくださいね。

PR
POWDER SKI巻頭でご紹介した猪谷六合雄さん。

記事を読んでいただいた方は
おわかりかと思いますが、
本当に知れば知るほど、
おもしろい人生を送ってきた「スキー人」なのです。

自分の家は自分で作る「小屋」、
スキーのために引っ越しを繰り返す生活、
裸でスキー、手編みのスキー靴下、スキーコース作り、
息子の千春をオリンピック銀メダリストに育て上げたスキー教育、
72歳で運転免許をとり、キャンピングカー暮らし・・・。

1986年に95歳で亡くなるまで、
ユニークな人生を送り続けてきた猪谷さん。
その時代背景を考えただけでも驚くことだらけですね。

現在、猪谷六合雄さんを知ることのできる書物や
人、場所は少なく、取材や制作もなかなかスムーズには
いかないことだらけでした。

それでも、企画発案の渡辺洋一さん他、たくさんの方のご協力のおかげで、
この偉大な人物に触れる機会を得て、うれしく思います。
ぜひ多くの方に見ていただきたい記事のひとつです。

今回、お世話になった杉山進さんのWEBからも
猪谷六合雄さんとのエピソードを知ることができますので
ご紹介します。

http://www.sugiyama-ski.com/hitorigoto.html

第11号、12号あたりで
猪谷親子との涸沢でのスキーについて
興味深い話が掲載されています。

*その他の号も必読。スキーの歴史を知る杉山進さんの声をぜひ。

17日に発売したPOWDER SKIはご覧いただけましたか?

今回は、表紙が決まるのにかなり時間がかかりました。
毎年、たくさんの応募作品や取材中に写したものから
編集部やデザイナー、販売部などみんなで決めていくのですが、
今回は迷いに迷い・・たくさんの表紙が生まれました。



もしかしたら表紙になるかも、と期待を抱かせてしまった
スキーヤーやカメラマンには申し訳ないことをしてしまいましたが
最終的に、ここには並んでいない小橋城カメラマン撮影の
久我博道さんに決定。



POWDER SKI誌では、2人とも初カバーとなります。

久我さんのリラックスしたすべりと、
大きな雪煙が気持ちのいい一枚。
ロッカーのファットスキーならではのビッグスプレーですね。

場所は妙高の神奈山。
日本のスキー100年を記念する号ということで
日本の作品にこだわりました。スキー発祥の新潟です。

そして、いかにもハイシーズンの雪ですが
撮影日はなんと3月27日!
遅れてきた大雪のあの日です。

付録カレンダーの2ー3月にも久我さんの朝日の作品が
掲載されていますが、これも表紙と同じ日なのです。

パウダー作品を撮る最後のチャンスと、
早朝から山へ出かけ、大きな収穫のあった1日とのことです。

今年もこんな雪をすべりたいですね。
先日都内某所にて「大人のスキー」の商品撮影をしていたところ、スタジオにバッタが登場! ウェアの入っていた段ボール内をうろついていてビックリでした。しかもカメラマン曰く、私がスタジオ入りする前にはカマキリも出現したとか。スタジオ入口のドアを開放していたからとは思うけど、緑少ない都内でも元気に虫たちが活動していて、何だか微笑ましい出来事でした~



今日は「大人のスキー」を担当していただいてるデザイナーのオフィスで作業をしてました。ここには猫のヨネがいます。ヨネはオフィス内を自由気ままに放浪し、仕事をしているデザイナーさんのキーボードの上にだって容赦なく乗ります。夕方になると眠くなるらしく、写真の通りご主人さまの手の間でまどろみます(笑) カワイイ…



週末はパウダースキーの商品撮影を行いました。毎年恒例の各メーカー1点ずつ紹介するギア&ウェアファイルです。このページは編集部全員で担当分けします。大手出版社ではありえないでしょうけど、編集長だって検品をして、撮影セッティングして、伝票かいて… と地道な作業をやるのです。写真はウェアの置き方に頭を悩ます編集長。



今日は取材で野沢温泉に行ってきました。経費削減のため、行きは新宿~長野2500円バス!長野からは2両の鈍行です。雨だったけどなかなか新鮮なアクセスでした~。しかし日帰りのため、さすがに帰りは、お金で時間を買いました。ただいま新幹線です。写真は長野駅に50個は置かれていたであろう登山家のザック!無人でした…



昨日はPOWDER SKIギャラリーページの会議をデザイナー交えて行いました。11階会議室からは銀座の街並と東京タワーが見えます。大都会で、大自然の写真を選ぶ私たち。このギャップがますます自然を求めてしまうのかな…。というわけで週末は最後の夏休み、白馬へ行ってきます! しかし避暑地に出かける必要のない涼しさですね…



今日は長野から、スキーヤー北村明史くんが編集部に来てくれました。昨年のパウダースキーで表紙を飾ってくれた彼、今季はインドトリップのメンバーとして登場します!異国の地を満喫しつつも、やっぱり全員腹は下したそうです…。詳しくは誌面で!インドの写真を一生懸命セレクトしている様子。



昨日、三浦豪太さんがネパールから帰国して電話でお話しました。エベレストで臨死体験、ニュースでもかなり取り上げられてましたね。気になってましたが順調に回復してるそうで一安心!
しかし容体を聞くと、「ん?あなたは誰でしたっけ?? エベレストの原稿? なんのことかね? 私は記憶が途切れていてね…」 と、ボケ老人のような回答(笑) もちろん嘘です。あやうく依頼していた原稿をはぐらかされるところでした。ゴンちゃんの生死をさまよった貴重な体験記も、新刊「冒険家」三浦雄一郎に収録予定ですのでお楽しみに!
忍者ブログ [PR]